Members

東京大学大学院情報学環教授

林香里

博士(社会情報学)。専門分野はジャーナリズム/マス・メディア研究。名古屋市生まれ。1963年名古屋市生まれ。ロイター通信東京支局記者、東京大学社会情報研究所助手、ドイツ、バンベルク大学客員研究員(フンボルト財団)を経て、現在 東京大学大学院情報学環教授、東京大学総長特任補佐(国際教育、ダイバーシティ)。東京大学Beyond AI研究機構「AIと社会」プロジェクト・リーダー。東京大学大学院学際情報学府アジア情報社会コース・コース長、Yahoo!ニュース 有識者会議メンバー、Gender and Communication Network共同代表。SAYFT (Safe Campus Youth Network Faculty Team)メンバー。日本マス・コミュニケーション学会理事。
公益財団法人東京大学新聞社理事長、ドイツ日本研究所顧問、BPO 放送倫理・番組向上機構「放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)」委員、GCN (Gender and Communication Network) 共同代表、日本フンボルト協会評議員など歴任。 2016年4月から2017年3月まで、安倍フェローとして、ノースウェスタン大学、ロンドン大学、ベルリン自由大学客員研究員。著書『メディア不信 何が問われているのか』岩波新書、2017年、『<オンナ・コドモ>のジャーナリズム ケアの倫理とともに』岩波書店、2011年(第4回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞)、共著 “The Silent Public in a Liberal State: Challenges for Japan’s Journalism in the Age of the Internet.” In. The Crisis of Liberal Internationalism. Japan and the World Order. Edited by Yoichi Funabashi and G. John Ikenberry. Brookings Institution Press. Washington. D.C. 2020,『テレビ報道職のワーク・ライフ・アンバランス 13局男女30人の聞き取り調査から』(谷岡理香と共編著)大月書店、2013年、ほか。

研究者情報 http://www.hayashik.iii.u-tokyo.ac.jp/
      https://researchmap.jp/hayashik
      https://orcid.org/0000-0002-9020-3068
Facebook https://www.facebook.com/kaori.hayashi.3538
Twitter https://twitter.com/hayaschik

BUSINESS INSIDER JAPAN 統括編集長/AERA元編集長

浜田敬子

1989年に朝日新聞社に入社。前橋支局、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、99年からAERA編集部。記者として女性の生き方や働く職場の問題、また国際ニュースなどを中心に取材。米同時多発テロやイラク戦争などは現地にて取材をする。2004年からはAERA副編集長。その後、編集長代理を経て、AERA初の女性編集長に就任。
編集長時代は、オンラインメディアとのコラボや、外部のプロデューサーによる「特別編集長号」など新機軸に次々挑戦した。
2016年5月より朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして、「働く×子育てのこれからを考える」プロジェクト「WORKO!」や「働き方を考える」シンポジウムなどをプロデュースする。2017年3月末で朝日新聞社退社。
2017年4月より世界17カ国に展開するオンライン経済メディアの日本版統括編集長に就任。
「羽鳥慎一モーニングショー」や「サンデーモーニング」などのコメンテーターや、ダイバーシティーや働き方改革についての講演なども行う。
著書に『働く女子と罪悪感』(集英社)

プロフィール https://www.businessinsider.jp/author/hamada_k/
Facebook ttps://www.facebook.com/keiko.hamada.165
Twitter https://twitter.com/hamakoto

エッセイスト、タレント
東京大学大学院情報学環客員研究員
昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員

小島慶子

エッセイスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員。1972年オーストラリア生まれ。1995年学習院大学法学部政治学科卒業、株式会社東京放送(現株式会社TBSホールディングス)入社。アナウンサーとしてテレビ・ラジオに出演。1998年TBSラジオ『アクセス』ナビゲーターとして第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞受賞。テレビではバラエティ、報道、情報など幅広い分野の番組を経験。2004〜05年TBS『ニュースフロント』キャスター、2004〜10年TBS『時事放談』。2009〜12年TBSラジオ『小島慶子キラ☆キラ』メインパーソナリティ。2011年3月11日、同番組の生放送中に東日本大震災が発生、地震発生時の音声及び震災直後の番組への密着取材が同年4月3日MBS『情熱大陸』で放送。2001年より東京放送労働組合の執行委員を9年間、そのうち7年間は副委員長を務め、育児介護休業制度などの改善に携わる。2010年に退社、独立。各種メディア出演、執筆、講演活動などを行う。メディアと表現、ジェンダー、育児、女性とキャリア、発達障害などについて積極的に発信・講演を行う。2014年、オーストラリアに教育移住。自身は日本で働きながら、家族に会うため年に数回日豪を往復する。2015〜20年朝日新聞パブリックエディター。2017年より東京大学大学院情報学館客員研究員。2019年より昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員。NPO法人キッズドアアドバイザー。著書に『解縛(げばく)〜母の苦しみ、女の痛み』(新潮社文庫)、『るるらいらい日豪往復出稼ぎ日記』(講談社)、『仕事と育児が大変すぎてリアルに泣いてるママたちへ』(日経BP)、『曼荼羅家族』(光文社)、小説『わたしの神様』(幻冬舎)、『ホライズン』(文藝春秋)、『幸せな結婚』(新潮社)ほか多数。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)、共著に『絵になる子育てなんかない』(共著・養老孟司、幻冬舎)、『不自由な男たち〜その生きづらさは、どこから来るのか』(共著・田中俊之、祥伝社新書)、『足をどかしてくれませんか メディアは女たちの声を届けているか』(共著・林香里ほか、亜紀書房)など。『AERA』『日経ARIA』『ウートピ』『VERY』ほか連載多数。

公式サイト https://www.applecross.jp/
Twitter  https://twitter.com/account_kkojima
Facebook https://www.facebook.com/keiko.kojima.376
Instagram  https://www.instagram.com/keiko_kojima_/?hl=ja
YouTube  https://t.co/KbBxTxuKD4?amp=1

ジャーナリスト
昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員
東京大学大学院情報学環客員研究員

治部れんげ

1997年、一橋大学法学部卒、日経BP社に編集記者として入社。「日経エンタテインメント!」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」「日経マネー」編集部で雑誌やウェブ媒体の企画、取材、編集に携わる。
2006~07年、日経BP社を休職しフルブライト・ジャーナリストプログラムでアメリカのミシガン大学Center for the Education of Women客員研究員。キャリア夫婦の共働き子育てについて文献調査とインタビューを行う。2014年よりフリージャーナリストとして東洋経済オンライン、Yahoo!ニュース個人、VogueJAPAN、FRaU、現代ビジネス等のウェブメディアに、経営・教育・育児・メディアや公共政策分野におけるジェンダーとダイバーシティの課題や先進事例を執筆。2018年、一橋大学経営学修士課程修了。

著作
『稼ぐ妻 育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)
『ふたりの子育てルール:「ありがとう」の一言から始まるいい関係』(PHP研究所)
『炎上しない企業情報発信:ジェンダーはビジネスの新教養である』(日本経済新聞出版社)

その他
東京都男女平等参画審議会委員(第5期)
日本政府主催の国際女性会議WAW!国内アドバイザー(2015年~現在)
一般財団法人女性労働協会評議委員(2016年~現在)
公益財団法人ジョイセフ理事(2017年~現在)
G7諸国で労働分野のジェンダー平等を進めるイニシアティブ”We Empower”アドバイザー(2018年~現在)
G20に女性政策を提言するW20運営委員会委員(2018年~2019年)
豊島区男女共同参画推進会議会長(2019年~現在)
朝日新聞論壇委員(2019年~現在)
上場企業の取締役女性比率3割を目指す30% Club日本運営委員会委員(2020年~現在)
UN Women日本事務所による広告のバイアスをなくす「アンステレオタイプアライアンス日本支部」アドバイザー(2020年~現在)

公式サイト https://rengejibu.hatenablog.com/
Twitter  https://twitter.com/rengejibu

昭和女子大学客員教授
相模女子大学大学院特任教授
東京大学大学院情報学環客員研究員

白河桃子

東京生まれ、私立雙葉学園、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。住友商事、リーマンブラザースなどを経て執筆活動に入る。2008年中央大学教授山田昌弘氏と『「婚活」時代』を上梓、婚活ブームの火付け役に。働き方改革、ダイバーシティ、女性活躍、ワークライフ・バランス、自律的キャリア形成、SDGsとダイバーシティ経営、ジェンダーなどをテーマとする。講演、テレビ出演多数。

委員など
総務省「テレワーク普及展開方策検討会」委員
経済産業省「新たなコンビニのあり方検討会」委員
内閣官房 第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」有識者委員
内閣府男女局「男女共同参画会議専門調査会」専門委員
内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員
内閣官房「一億総活躍国民会議」民間議員
神奈川県「地方創生会議」委員
神奈川県「男女共同参画審議会」委員
NPO法人 全国地域結婚支援センター理事
山形県子育て支援課事業高校生ライフデザインセミナー&ワークショップ講師
大和証券グループ SDGs 推進委員会 社外委員
特定非営利活動法人新公益連盟 パートナー会員
日本証券業協会 「証券業界におけるSDGsの推進に関する懇談会」 公益委員
株式会社ワークライフバランス アドバイザリーボード
株式会社サンワカンパニー社外取締役

テレビ出演
「所さん! 大変ですよ」(NHK)、「田村淳の訊きたい放題!」(MXテレビ)、「ワイド! スクランブル」(テレビ朝日)、「情熱大陸」(MBS)など

著書 25冊以上
『「婚活」時代』(山田昌弘氏と共著、ディスカバリー携書)
『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』(常見陽平氏と共著、中公新書ラクレ)
『専業主婦になりたい女たち』(ポプラ新書)
『「専業主夫」になりたい男たち』(ポプラ新書)
『後悔しない「産む」×「働く」』(齊藤英和氏と共著、ポプラ新書)
『御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社』(PHP新書)
『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』(是枝俊吾氏と共著、毎日新聞出版)
『ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち』(中公新書ラクレ)
『足をどかしてくれませんか。 メディアは女性たちの声を届けているか』(林香里編 共著、亜紀書房)

公式ブログ https://ameblo.jp/touko-shirakawa/
Twitter https://twitter.com/shirakawatouko
facebook https://www.facebook.com/shirakawa.toko

大妻女子大学文学部教授

田中東子

博士(政治学)。専門分野はメディア文化論、ジェンダー研究、カルチュラル・スタディーズ。1972年横浜市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科後期博士課程単位取得退学後、早稲田大学教育学部助手、早稲田大学政治経済学部助教を経て、十文字学園女子大学講師、准教授を経て、現在、大妻女子大学文学部教授。第三波フェミニズムやポピュラー・フェミニズムの観点から、メディア文化における女性たちの実践について調査と研究を進めている。著書に『メディア文化とジェンダーの政治学-第三波フェミニズムの視点から』(世界思想社、2012年)、編著や共著に『出来事から学ぶカルチュラル・スタディーズ』(共編著、ナカニシヤ出版、2017年)、『私たちの「戦う姫、働く少女」』(共著、堀之内出版、2019年)、翻訳に『ユニオンジャックに黒はない――人種と国民をめぐる文化政治』(ポール・ギルロイ著、共訳、月曜社、2017年)、『日本のヒップホップ―文化グローバリゼーションの〈現場〉』(イアン・コンドリー著、共訳、NTT出版、2009年)などがある。その他『現代思想』や『早稲田文学』などに第三波フェミニズムやポピュラー・フェミニズムに関する論稿を掲載している。

研究者情報 http://www.lit.otsuma.ac.jp/commu/c_semi/tanaka
https://researchmap.jp/read0144432
Facebook https://www.facebook.com/toko.tanaka.79
Twitter https://twitter.com/enfanteest72

NHK名古屋拠点放送局 報道部 副部長

山本恵子

1995年名古屋大学大学院国際開発研究科修士課程修了後、記者としてNHK入局。金沢放送局、社会部、NHKの国際放送「NHKワールドJAPAN」を経て、2019年6月から現職。2001年女性ジャーナリストの勉強会を設立し「いい人、いい情報を共有し、いい発信を」を合い言葉に800人を超えるメンバーとともに、女性としての視点を生かした発信を続ける。主な関心分野は、教育、子育て、女性の活躍推進、働き方改革など。 2009年アジアソサエティより、アジアの若手リーダー「Asia21フェロー」に選ばれる。中学1年の娘の母。

https://www4.nhk.or.jp/P4804/

立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラム運営センター助教

李美淑

博士(社会情報学)。米国ハーバード・イェンチン研究所訪問研究員、東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」特任助教を経て、現職。専門はメディア・コミュニケーション研究。トランスナショナルな公共圏論、トランスナショナルな連帯/市民社会、ジャーナリズムのあり方について研究してきた。著書に『「日韓連帯運動」の時代―1970~80年代のトランスナショナルな公共圏とメディア』(東京大学出版会、2018)、共著にMedia Practices, Social Movements, and Performativity: Transdisciplinary Approaches(Susanne Foellmer, Margreth Lünenborg, Christoph Raetzsch, eds., Routledge, 2017)。主要論文としては、 ‘#MeToo and broadcast journalism in South Korea: The gatekeeping process of #MeToo’(Interactions: Studies in Communication & Culture、2019)、「1980년 ‘일한연대’ 활동의 성격과 의미: 일본 시민사회의 광주 518과 ‘김대중 구명운동’ 자료를 중심으로」(=”The ‘Japan-Korea Solidarity’ activities in 1980: Analysis on documents about May 18 Gwangju Uprising and ‘Save Kim Dae-jung Movement’ in Japanese civil  society”, Journal of Democracy and Human Rights, 2019)など。

研究者情報 https://researchmap.jp/misooklee
https://orcid.org/0000-0002-1485-7713